So-net無料ブログ作成

なでしこジャパンvsアメリカ・W杯2015カナダ大会・決勝戦! [なでしこジャパンvsアメリカ・W杯2015カナダ]

スポンサードリンク











なでしこ、連覇ならず 開始直後の4失点響き米国に2-5敗戦!

 女子W杯カナダ大会・決勝(5日、日本2-5米国、バンクーバー)

2連覇を目指した「なでしこジャパン」(FIFAランク4位)が、

2大会連続で決勝で顔を合わせた米国(同2位)に2-5で敗れ、

W杯連覇を逃し、準優勝となった。

日本は前半16分までに、4失点。前半27分にFW大儀見優季のゴールと、

後半にオウンゴールで2得点したが、

開始直後のセットプレーからの立て続けの失点が大きく響いた。

米国は4大会ぶり最多の3度目の優勝を果たした。2015-07-02_10h52_23.png アメリカ代表.png

試合は、日本のキックオフで始まった。立ち上がり、米国が両サイドから攻め上がった。

米国は3分、右CKから低い弾道のボールにMFロイドが飛び込んで、

左足シュートを決め、先制した。米国は5分にもエリア外右のFKから、

ゴール前の混戦となり最後はロイドが右足で押し込み、2点目を奪った。

 

米国は攻撃の手を緩めない。14分には、

中盤からの山なりのボールを石清水が頭でクリアしたが、中途半端なクリアとなり、

MFホリデーが右足ボレーシュートを決め、3点目。16分にも、

ロイドがミドルシュートを決め、4点目を奪った。



 日本は22分、阪口がようやくチーム初となるミドルシュートを放った。

27分には、右サイドの川澄からのクロスをゴール前の大儀見が足元でキープ。

そのまま体を反転させて左足シュートを決め、1点を返した。

 


日本は33分、DF岩清水に代えてMF澤を投入した。

39分には、MF川澄に代わってFW菅沢が入った。

攻撃的な布陣に出た日本だが追加点は奪えず、1-4で前半を折り返した。

55951776-7158-47b7-8423-0f3fd3093d95.jpg なでしこスタメン.jpg


 後半は、米国のキックオフで始まった。

開始直後は、米国が押し気味に展開。日本ゴール前でパスをつなぎ、

前線を伺うと、5分にはMFブライアンがミドルシュート。

枠に行ったがGK海堀がパンチングでセーブした。

 日本は7分、宮間の左FKからゴール前の混戦となり、

澤が頭で競り合うと、DFジョンストンのオウンゴールを誘い、

2-4と2点差に迫った。


だが、米国も9分、左CKからのこぼれ球をファ-サイドのブライアンが折り返し、

ゴール中央のMFヒースがシュートを決め、再び2-5と3点リードした。

 日本は15分、FW大野に代えて、FW岩渕を投入。3人目の交代を終えた。

 
日本は29分、宮間の右CKからのこぼれ球を、

ゴール左から阪口がミドルシュートを放ったが、バーを越えた。

31分、中盤から宮間のパスにゴール前で菅沢が頭で合わせたが、GKにセーブされた。

 

日本は37分には澤が、突破を図った途中出場のFWワンバックの

後ろから足をかけイエローカードとなった。

44分、宮間の右CKから宇津木がミドルシュートを放ったが、

相手DF陣に阻まれた。日本は、終盤相手DFをゴール前に釘付けにし、

ミドルシュートで打開を図ったが、ゴールを決められず、結局2-5で敗れた。

記事引用元
http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/150706/spo15070609590030-n2.html


個人的な意見になりますが・・・

前半の失点は痛かったですね~。

アメリカの攻撃力がなでしこジャパンの守備力を

遥かに上回っていたと言わざる負えないと言う感じですね!

4年後のW杯でのリベンジを期待したいと思います。

なでしこジャパンの皆さん、お疲れ様でした!

W杯、準優勝・おめでとうございます!

それでは今日はこの辺で!











スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました